コロナ渦の介護施設の状況

新型コロナで介護施設が変わりました。利用者さんは面会規制されていることが多いです。(2021.10.03現在)施設によって面会規制の範囲は違いますが、私が勤めている施設では、基本的に外出はできません。近所の自宅に数時間帰れたとしても、その後2週間は入浴とトイレ意外、居室で過ごしたりします。

家族と面会できない

iPadでリモート出来る人もいますが、認知症が進んでしまっている利用者さんには、難しいです。

そんな生活が1年半続き、皆さん疲れているし、寂しそうです。

しかし、感染対策は徹底しなければ、もしクラスターになったら大変なことになります。

「もう、別にコロナになって死んでも良いよ。家族に会いたい。今が大事だ」

「やっぱり死ぬのは怖い。コロナなんてかかりたくない」

全然違う考え方の人が共同生活しているのです。とても難しい判断と選択になります。施設単位で分けるのも、物理的に難しそうです。

ワクチンが進んでいけば、改善されるでしょうか。

高齢者、医療介護従事者のワクチン接種が進んだあと、第5波が来ました。私が住んでいる県では、高齢者施設のクラスターは出なかったと思います。(関係者でワクチン打っていたけど感染した人は居ました。)もちろん面会規制した上で、従事者がかなり感染対策に気をつけていたこと、田舎であり密にはなりにくいことなどの要素はありますが、新型コロナワクチンは効果があると感じます。

ただ、ワクチンに効果があるといえ

私は「新型コロナワクチン打とうよ」と、友達に安易に言えません。

何故なら、可能性は低くても、亡くなっている方がいるからです。

かといって、「ワクチン打たないでいいよ」とも言えないです。感染を減らし、重症化を減らすには今は、ワクチンに頼るしかないのですから。モヤモヤした気持ちになりますね。

私がワクチンを打ったのは、自分もデータの1つになろう。と思ったからです。万が一死んでも、それが私の人生なのだろうと。元看護師だからか、考えることは科学的です。人生は実験のような物だと思っています。ワクチン打たない選択も、打つ選択もある意味実験みたいなもの。

私の考え方はおかしいとしても、結局自分で考え、納得して選択するしかないと思います。

本当は、コロナワクチンなんて誰も打ちたくない。

ウイルスが蔓延していないのにワクチンを打ちたいという人はいないでしょう。しかし、ウイルスが広がっている以上、何か対策が必要です。何年も引きこもる生活は限界があります。経済がまわらなくて、破綻してしまう。かといって、「コロナにかかったら一定の人は死ぬし、後遺症が残る、あきらめましょう」とはならないし、それも嫌ですよね。

薬ができるまでは、ワクチンが有力な方法になるでしょう。

おわりに

ワクチンを打つ選択をしたひとも、打たないという選択をしたひとも、どちらの価値観も認めることが大切です。どちらが優れているとかそんなことはないのです。おかしな分断が生まれないことを願っています。

マクロミル
アンケートに答えてポイントを貯めると
換金できます。
A8.net
アフェリエイトするなら
今日の広告

U-NEXT
31日間の無料トライアル!
Ameba漫画
お世話になってます。買ってます。
動画や漫画 エンタメ