猫の歯肉炎を予防するために出来ること

猫との暮らし

こんにちは、彩桜です。

幸せ猫ライフを満喫中の皆様、愛猫のお口の中をケアをしていますか?

私は、14歳のシニア猫と暮らしていますが、ここ数年で猫の歯肉炎が酷くなってきました。

注射を定期的にして何とか落ち着かせていましたが、最近は少し食事をしただけでも痛がるようになりました。

今回は、高齢になっても美味しく食事を摂れるために、飼い主に何が出来るか考えてみたいと思います。

  • これから猫をむかえる
  • 今はまだ、歯肉炎もないけど気になる
  • 美味しく食べて長生きして欲しい

という方へ

スポンサーリンク

歯周病を予防する

  • 歯石の除去(全身麻酔)
  • 歯磨き習慣(ブラシ、シート、オヤツ)

歯石の除去

病院で、定期的に歯石の除去をして貰う方法です。
人間とちがって、猫は「あーんして」と言っても口を開けてはくれません。

全身麻酔をすることになりますので、リスクや体調を考える必要があります。

麻酔のリスク

麻酔による死亡率は、健康な猫で0.1~0.2%ぐらい、病気のある猫で1.4%くらいです。原因はアレルギーだったり、心臓や腎臓に病気があった場合などです。

また、後遺症や副作用がある猫も稀にいます。副作用に関しては、きちんと鎮静剤の量を管理するので、過剰に恐れる必要はないようです。

とはいえ、やはり麻酔のリスクはゼロではないです。心配で、処置をして貰うことに悩みますよね。

うちの愛猫、たまご10歳ごろに、一度歯石の除去をしました。

めちゃくちゃ心配で、処置中はずっと家でソワソワしていました。当のたまごは、帰ってきたら何事も無かったかのようにケロっとしていました。(年の割に体力はあった)

ぐらぐらしたり、状態が悪い歯は抜歯する予定でした。このときは、そこまで悪い歯が無かったので抜くことはなく、歯石を取って終了しました。

歯石除去の費用

歯肉炎でしたので保険適用になり、10000円くらいでした。(50%自己負担)歯肉炎などの症状がない場合は、保険が効かないこともあります。

病院によって料金が違うので、問い合わせてみてくださいね。

歯石の除去をしてから、2年くらいは順調に、モリモリ食べて過ごしました。

歯磨き習慣(ブラシ・シート)

子猫の時からであれば、歯磨き習慣をつけることが可能かもしれません。

最初は無理せず、口の周りを触ることに慣れさせます。歯磨きジェルを、なめさせたりして徐々に口の中に触れていきます。歯磨きシートなども便利だと思います。

歯肉炎や口内炎ができてからでは遅いので、出来れば小さいときから習慣つけると良いです。

歯磨きオヤツ

歯磨きオヤツは二匹ともよく食べていました。(たまごは、噛まずに食べるので、あまり意味が無かったかも)

兄弟で同じ環境で過ごしても、歯の状態は違う

たまごつくしは、兄弟です。同じ食事、同じ環境で過ごしました。

つくしは歯が丈夫で、たまごは弱いです。

2匹の違いとしては、つくし水をよく飲む、噛んで食べるたまごは、飲む水の量が少なめ、あまり噛まずに食べる…ということでしょうか。

「ドライフードをガリガリ噛んで食べる」というのは大事なのかも。歯や顎が鍛えれますしね。

たまごは若い頃、ストレスが溜まると段ボールをかじる癖がありました。さすがにダンボールは負荷がかかったのかもしれません。

高齢猫は歯が抜け落ちることもある

猫は、歯周病が進むと歯が抜け落ちることも多いです。綺麗に抜け落ちてくれると良いですが、根っこが残り、そこから膿んでしまうこともあります。

たまごは、犬歯は3本抜けました。前歯も全てなく、奥歯は歯肉炎です。

抜けてしまうと、炎症が良くなる場合も多いそうです。手術で全部抜歯してしまうこともあります。たまごも検討していますが、高齢ですので麻酔に耐えれるかどうか。

普段の食事は、ドライフードとウェットフードを併用して与えています。

ドライフードをふやかし、柔らかくしたら食べる子もいるみたいです。(たまごには不評でドン引きされた)

たまご
たまご

ちょっと、あれは無いな。

おわりに

たまごが、つらい思いをしなかったのかも?と思うと、すごく後悔しています。もっと早く、しっかり予防していれば良かったです。

しっかりケアすると、高齢になっても、歯が丈夫になるかもしれません。愛猫には美味しく食事を楽しんで貰いたいですよね。大好きな猫のために、出来ることは試してみるのが良いと思います。

コメント