猫はグルメ!高齢猫にオススメのキャットフード

猫との暮らし

こんにちは。彩桜です。

猫はグルメと言われることが多いですが、皆様の愛猫はいかがでしょう?

気分で食べなかったり、開封したての風味の良い物を好んだり。

うちの愛猫たまつくは、食いしん坊で、若い頃は何でも食べていました。

しかし、高齢になって少しずつ好みが変わり、食べムラも出てきました。今回は猫のフード選びについて、考えて見たいと思います。

  • 何を食べさせたら良い?
  • 歯が悪くなったのだけど、どうしよう?

そんな方に。

スポンサーリンク

総合栄養食と栄養食

長く猫ちゃんと一緒にいる人はご存じだと思いますが、フードには総合栄養食と一般食があります。

総合栄養食

毎日食べるフードは基本的に、こちらをあげます。猫に必要な栄養がバランスよく入ったフードです。どのくらい与えるかは、フードごとに「体重で何グラム」等、記載されています。

たまご
たまご

若い時は全然たりなかったぜ。

さくら
さくら

君の胃袋はブラックホールみたいだったよ

つくし
つくし

盗み食い楽しかったよね

一般食

オヤツや、補助食です。総合栄養食だけでは飽きちゃおうよ。という場合などに、ドライフードの上にウェットな物をかけてあげたり、食事と食事の間に少しあげたりします。

こちらだけでは、栄養がちゃんと取れないので注意が必要です。

ドライフードとウェットフード

ドライフード

俗に「カリカリ」と言われてるものです。ウェットフードより安価で沢山の種類があります。歯が丈夫な猫ちゃんは、カリカリと食べることによって、歯石が付きにくくなったりするとも言われます。

水分はウェットフードより少ないので、お水をしっかり飲んでもらうようにしましょう。

ウェットフード

ウェットフードは水分が多いので、水をあまり飲まない猫ちゃんにはお勧めです。

たまごは歯が悪くなり(全臼歯抜歯した)缶詰を基本に食べています。ウェットフードは舌を使ってしっかり舐めとるので、味を感じやすいのかも。同じ味だと飽きるので色んな種類を順番に食べさせています。

たまつくが食べていたフード

若い頃のたまつくには、基本的にドライフードを与えていました。週に数回缶詰をお楽しみで食べて貰うという感じ。当時は、プレミアムフードと言われていた「アイムス」を食べていました。

その後10歳超えたあたりから、急に残すようになり、切り換えることに。

切り換えるときは、前のフードと新しいフードを混ぜ、数日かけて徐々に新しいフードの量を増やします。急に変えると、胃腸がビックリして下痢をしてしまうことがあります。

また、アレルギーなどで身体に合わず下痢や嘔吐があるときもありますので、注意しましょう。便をチェックしてくださいね。

数種類を選んでおいて、ローテーションで食べさせることを推奨している獣医師さんもいます。確かに、一種類しか食べないとなると、それが無くなった時(災害なども含め)困るかもしれません。

また、食べないからと、コロコロ変更してしまうと、「美味しい物しか食べない」と偏食癖が出るかも。

つくし
つくし

俺は何でも食べてたよ。

結局、たまつくはピュリナワン、ロイヤルカナン、ニュートロをローテーションで食べることにしました。ピュリナワンは価格もお手頃です。アイムスに比べて粒が小さいので、高齢のたまつくは食べやすそうでした。

歯が弱い猫のフード選び

ペースト状のフードは、種類が少ないので、食べなくなると困ってしまいますね。

そんなときは、カリカリ粉砕をして、ペーストのフードを作るという手もあります。

  1. カリカリを粉砕
  2. 水を混ぜる
  3. ウェットフードの栄養食を混ぜる

「カリカリを粉砕せずに、お湯に浸してふやかす」という方法もありますが、たまごは見てドン引きしてました。

粉砕しておいて食べる直前に水で溶かした方が好みだったようです。ふやかして時間が経ったものは風味が飛ぶのか、無視でした。

たまご
たまご

あれは、食べ物じゃないよ。

現在は、カリカリも一応置いて置きつつ、テリーヌやペースト状になったフードを与えています。

テリーヌやペーストのものは、種類が少ないです。飽きやすくなるので、ローテーションして食を楽しんで貰いましょう。

シーバ、ニュートロ、モンプチを基本にグルグル回しています。時々チュール(総合栄養食)も食べさせたり。

おわりに

沢山の種類があって、「どれにしよう」と迷うこともあるかもしれません。歳をとると、選り好みしたり、体の状態によって食べられるものも限られてきたりします。

愛猫には楽しい食事時間を作ってあげ、良い物を食べて長生きして欲しいですね。

コメント