ジェンダーギャップに思う

こんにちは彩桜です。

世界経済フォーラムが公表している、世界の各国の男女間の不均衡を示す指標、「ジェンダーギャップ指数」が2021年日本は156か国中120位でした。ジェンダーギャップ指数は、「経済」「政治」「教育」「健康」の4つの分野のデータからスコアを出すそうです。

正直、小難しいことは解りません。ので、自分が日常で思うジェンダーの事を書いていきます。

ジェンダーギャップとは

ジェンダー(gender)とは、社会的・文化的な役割としての性別のこと。ジェンダーギャップとは男女の違いで生じている格差です。

政治、経済カテゴリの指数が低い

格差を生んでいる要因の一つは、政治です。確かに政治家に女性って少ないですよね。つまり、「女性の意見が反映されにくい」ということが言えます。政治と経済も密接に繋がってますしね。

男性の所得が高く、女性の所得が低い

スコアをみると男性の方が所得が高いわけです。それは現実。それなのに、家事や育児で意見が食い違ったとき「だったら自分より稼いで来れる?」というニュアンスのことをいう男性は、実は何にもわかっていないアホであると私は思います。そんなこと言う人、もう居ないですかね?

身近なジェンダーギャップ

  • 女性が家事をする。
  • 男性が稼いでくる。
  • 子育ては女性。(とくに、子供が保育園で熱を出すと、お母さんが迎えに行くことが多い。)

これは、世代間のギャップも大きいですね。代々受け継がれてきた「固定観念」のようなものが背景に存在します。

男性が稼いでくる」が重要視されている

私が感じている部分の話ですが、「夫の稼ぎ」を重要視する男女が多いと思う。そこをどう覆すのか、結構重要です。

「男性が稼いでくる」が、根強い根本的理由としては

  • 子供が産めるのは女性だから。
  • 子育ても女性中心が多いから

子供産む間どうやって生活するの?
将来子供にかかるお金、どうするの?

って話ですよね。

女の人は子供を産む間、働けないので、そうなると「夫の収入」は意識してしまうことは多いのではないでしょうか。夫の方も、「子供を養うために頑張らないと」と思う人は多いと思います。

私はそれ自体は悪いことではないと思います。ただ、過剰になると苦痛になるということです。

うちは諸事象で、夫も私もパートなのですが、「夫は自分の稼ぎが悪い」と言って謝るときがあります。でも、それって謝ることでしょうか?その背景に夫の「固定観念」が見え隠れします。私としては、そこは気にしてないですし、私が家事嫌いなこと謝りません。そもそも私も沢山は稼げてないんだから、私が夫に「稼ぎが悪い」とか言うのは筋違いのような気もします。

前述したとおり、所得は男性の方が高いから、男性が働いてきた方が効率が良いという考えになりがちですし、そういう場合も多くなると思います。

それが悪循環原因のひとつでは?とも思います。

おわりに

  • 男が働き、女が家庭に入るという固定観念をいったん捨てる。
  • 男性も子育てに参入しやすい環境を作る。
  • 男女の所得の格差をなくす。

今までの考え方を、根本から見直す対策が必要です。

収入格差がなくなった状態で「夫が稼いできて妻が家事をする」という選択肢を選ぶ家庭があっても、それで良いと思います。別に各家庭の問題なんだから、主婦でも主夫でも共働きでも、何でも良いのです。大事なのは選べることと、よその家庭に自分の価値観を押し付けないことだと思います。

ブリザードフラワー
大切な人にいかが?
ハナプライム
緑のある暮らし
Cake.jp
疲れたら、甘いケーキはいかが?
croaster
自家焙煎珈琲、カフェインレスもあり
マクロミル
アンケートに答えてポイント貯めよう。
U-NEXT
31日間の無料トライアル!
Ameba漫画
お世話になってます。
Abemaプライム
インターネットTV局
今日の広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA