生きるのがつらいと思った時に出来ること

メンタル

こんにちは、彩桜です。

皆さんは、「消えてしまいたい」と思ったことはありますか?

何か恥ずかしいことがあって「穴があったら入りたい」という話ではなく、「生きるのがしんどいな」と思う時のことです。

誰しも少なからず、1度や2度は感じたことがあるのではないでしょうか?

私は、ここ2か月ほど、モヤモヤとしていた時期がありました。

元々私は、季節的にしんどい時期があります。ここ数年は「消えてしまいたい」と思うほど、思いつめることは無かったのですが、今回は結構つらかったです。

そんな私が、つらい時こそ行動して良かった、と思うことを書いてみたいと思います。

  • 最近、なんだかつらい。
  • つらい状況を改善したい。
スポンサーリンク

つらいと思った時に出来る3つの事

  • 書いてみる
  • 自然とふれあう
  • 片付けてみる

書いてみる

何がつらいかを具体的に書いてみることです。

「毎日の生活が、何だかしんどい」という、原因が分からないモヤモヤは、余計に不安になります。

とりあえず自分は何に悩んでいるのかを考えて見ましょう。

  • 仕事のこと
  • お金のこと
  • 家族のこと
  • 家族以外の人間関係
  • 身体のこと

書いてみたあとは、解決策を考えてみます。そして、アイデアが浮かばない場合は、誰かにに相談するのも良いです。何か出来そうなことがあれば行動してみましょう。

書いてみると冷静になる場合もあるかもしれません。

自然とふれあう

身体を休めることも、とても大切です。ただ、ずっと室内にいて、気が滅入ってしまうこともあります。そんな時は気分転換。自然とふれ合ってみましょう。

  • 空を見てみる
  • 海を見てみる
  • 散歩してみる

何でも良いので、自然を感じてみてください。20~30分自然を感じれる状態でいると、ストレスホルモンの「コルチゾール」が減少するそうです。木のにおい成分のひとつ、「α-ピネン」はリラックス効果があり、副交感神経の活動も上昇させます。

「外に出かけるのもつらい」という人は、窓を開けて、新鮮な空気を吸うことから始めましょう。

片付けてみる

散らかった部屋に、よどんだ空気のまま、ジメジメと悩むのは勿体ないです。

いったん環境を変えるために、片付けをしてみましょう。手を動かすことによって、目の前にあるものに集中します。

要らないものを捨てることで、「自分にとって必要なもの」「何が大切なのか」が見えてきます。

もちろん、動くのもつらい時は無理せず、出来るときに少しずつすれば良いと思います。

まずは、財布の中だけ。鞄の中、机の上…という風に、小さいものから広げていっても良いと思います。

「気がすすまない」

この3つとも気が進まない人は、「好きなこと」をしてみましょう。美味しい物を食べたり好きな音楽を聴くのも良いかもしれません。

私は、車で聞いた「花になれ」「花はさく」が沁みました。

created by Rinker
¥1,047 (2022/12/01 01:53:02時点 楽天市場調べ-詳細)

それもつらい。「好きなことすら出来ない」時は、メンタルクリニックやカウンセリングで話を聞いてもらうのも良いかもしれません。

エンディングを考えたことで感じた変化

私はこのブログで「家族や自分の葬儀を考える」という記事を書きました。写真に「自分の葬儀」と文字入れしたとき、ハッとしました。

「死んだら、もう何も出来ない」

小さな幸せを感じることも出来ません。愛猫にモフモフする幸せも、美味しい珈琲を飲んで、ほっとする瞬間も、すべてなくなってしまいます。

ただ、ずっとモヤモヤしたままで亡くなるのは嫌だなあ。と思ったのです。

まとめ

気持ちが落ち込む原因は、色々あると思います。ホルモンバランスが崩れていたり季節性のものだったりすることも。

ただ、「時間は流れている」今のつらさは今だけのもので、ずっとそれが続くとは限らないのです。

この機会に、あなたにとって「楽しいこと」を考えてみませんか?

コメント