全般性不安障害 飲んでいる薬

今回は、不安障害の私が現在服用しているお薬の話と、睡眠の話をしたいと思います。

  • 睡眠導入剤:マイスリー5㎎
  • 抗不安薬:デジレル25㎎(半錠)
  • 抗うつ薬:デプロメール25mg(二日に一回)

全て寝る前服用です。

マイスリーとデジレルは、眠るために飲んでいます。私は眠つきが悪いのと、眠りが浅い様です。何年もマイスリーだけで過ごしていましたが、熟睡感が全くなく。デジレルも一緒に飲むようになったら熟睡でき、次の日もしっか起きていられるようになりました。

デプロメールは不安障害の薬(抗うつ薬)です。

デプロメールは、うつ状態のときは一日三回飲んでいました。今は減薬しており、二日に一回寝る前のみになりました。デプロメールは、私の場合、離脱症状(薬を減らしたときに起きる症状)があり、めまいがするため、少しずつ減らしています。この調子だと、いつか不要になると思います。

もちろん薬には合う合わないがありますので、主治医としっかり相談して服用してください。私はいくつか試して、合わなかったものもあり、結局今のお薬に落ち着きました。

睡眠障害になった経緯

私は夜勤(宿直)をしていました。月に15日です。

宿直といえど、夜中に入居者さんがトイレに行くなどで、目を覚まして介助に行かなければなりませんでした。(今はこの勤務、労働基準アウトになると思う)

というわけで、熟睡できない傾向が続き、睡眠障害になったのです。
おそらく、この睡眠障害が、不安障害の引き金になったのではないかと思います。(他にも色々要因はありますが)

睡眠障害からの不安、不安からの睡眠障害

睡眠障害が酷い時は、寝付けない、日中倦怠感が酷い、すぐに疲れる。掃除機をかけただけでも、疲れて眠くなっていました。寝ても寝ても疲れが取れず、寝るのも辛くなり、消えてしまいたいと思っていました。

日中動けないことがきっかけで
「仕事の前に起きれないかも」
「明日仕事」
「仕事の途中で眠くてぼーっとしてしまったら」

と不安だらけに。今は少し改善しましたが、まだ不安はあります。現在は15:00から20:00の勤務で働いでいます。これなら、寝坊しない自信があるので。夜勤は生活のリズムが取れないので辞めました。

そして、介護職なので「仕事は運動」「仕事はリハビリ」と仕事を前向きに捉えるようにしています。嫌だ、辛い、しんどい、と考えすぎないように、プラス面を考えるようにしています。

薬を飲んでいるとはいえ、しっかり眠れているし、何より翌日動けるようになりました。

とにかく睡眠だけは、しっかり取るようにしています。

おそらく私の場合、金銭的な心配がない状態で仕事をやめ、日中運動をして疲れる(ここ重要)という状態を数か月維持すれば、睡眠薬は要らなくなると思います。しかし、現状では、仕事を辞める程の金銭的余裕もないですし、運動嫌いの自分が仕事をやめて、運動するか?という疑問も残ります。

運動続かないんじゃん?

ジムも続かなかったし

若いころは合気道してたんだけどね。
またやりたいよ。

それに仕事を始めたら、また不安になって眠れなくなる可能性もあるので、今は薬を飲まずに眠ることを諦めました。

諦めた方が、意外と不安は消える。

結局不安は不眠を呼ぶんですよね。「寝れない」「どうしよう」と。

そこに悲観的になっても仕方がないので『根本的に今は解決しないのだな。薬飲んで寝れるから良しとしよう』くらいに思っています。

薬がどんどん増えてしまって、「どうしよう」という人は、まずは睡眠障害の原因を洗い出して、一つずつ対策していくことだと思います。

不安を少しでも改善する対策

冬は寝る前に甘酒作って飲みます。月桂冠が好き。

おわりに

睡眠は、時間も質も、とても大切です。日本人は睡眠不足が多いといいますが、疲弊する要因として、大きなものだと思います。

今、そんなに睡眠障害を感じていない人も、意外と疲れが取れていないこともあるので、自分はどうかな?疲れ取れてるかな?と睡眠習慣を、見つめなおしてみるのは、いかがでしょうか?

 

U-NEXT
31日間の無料トライアル!
Ameba漫画
お世話になってます。
マクロミル
アンケートに答えてポイント貯めよう。
A8.net
アフェリエイトするなら
ブリザードフラワー
大切な人にいかが?
今日の広告

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA