物欲とうまく付き合うための3つの方法

ミニマルライフ
PexelsのBorko Manigodaによる写真

こんにちは、彩桜です。

みなさんは「物欲」強い方ですか?物欲は誰にでもある欲求だと思います。しかし欲しいがエスカレートすると「お金がない」「あれも足りない」「これも足りない」とストレスになることもあります。「物を買う」ことを素直に楽しめているなら良いのですが、そこに「買いすぎたなぁ」など、罪悪感が見え隠れするとしんどくなったりします。

私は年に何度か物欲が強くなる時があります。ゆるっとミニマリスト生活をしてからは、頻度が少なくなったものの、「時々あれが欲しい」「これも欲しい」と思う時があります。

けれど無理に抑え込もうせず、「必要か」「必要じゃないか」取捨選択が出来るようになったので、買い物の後悔や失敗が減ったと思います。そんな私が実践している「物欲とうまく付き合う」ためにしている3つの方法を書いてみたいと思います。

物欲と上手く付き合うための3つの方法

「お得」「安い」だけで買わない

以前は「安いもの」や「お得」につられて買い物することが多かったです。調味料も使い切れないのに「安いから」と大きいものを買ってしまったり

さくら
さくら

実は、醤油にカビ生えたことあるんだよね。

つくし
つくし

どんだけ・・・。

「セットで安くなる」だと、お得だと思ってつい買ったりしていました。セットって、魅力的な言葉ですが「全部必要」じゃないと、実は得ではないものもあったりします。

夫は、お酒を割る炭酸水が安かったので箱買いしましたが、お酒を飲みたくなくなって結局人に譲ったりしました。(譲れたら良いのですが、譲り先がない場合は勿体なくなります)

たまご
たまご

飲みたくないもの飲まなきゃいけないって大変だよね。

買いたいものリストを作って、すぐ買わない

とりあえす買いたい物リストを作って、一か月くらい寝かせます。
だいたいの物は、今すぐ買わなくなくても大丈夫な物です。(日用品とかは別ですよ。トイレットペーパーを切らしかけてるのに、買わないと酷いことになります)寝かせてみると、それほど欲しいものでは無かったりします。

私が使っているPC は中古のものですが、最初新品を買おうと思っていました。しかし、しばらく検討期間を作ると、中古で求めているスペックの物を見つけました。もともと欲しいと思っていたものより半分の値段です。現在使ってみて、とてもお気に入りになりました。寝かせず衝動買いしていたら「高かった」と後悔していたかも?

他にも、流行を追い求めすぎると新しいものを求めてどんどん欲しいものが増えてします。本当は必要じゃないのに見栄で買ってしまっい、使いにくかったり、流行が過ぎてイマイチになったり。「流行を楽しむ」のも良いのですが、リストを救ってみて「これ」というものを厳選すると買いすぎは防げるかと思います。

「今あるものを捨てて買いたいか」を考える

これは、ミニマリストに興味なしの夫でも効果があるので、考えてみると良いと思います。

  • 本を買うなら一冊本を手放す。
  • 服を買うなら、一着捨てる。

人って、「所有してるもの」に一定の価値を持ってる場合が多いので、捨てるとなると抵抗があったりします。

どうしても「衝動買い」をしたくなったら

いつも買う生活必需品を買います。

トイレットペーパーや洗剤などの、「絶対消費するもの」です。冬なら紅茶やコーヒーなど、あったかくてホッとするもの、使い切れるものを「買うこと」で少し落ち着く場合もあります。

私は、「月に一度の日用品の買だし」に行くと結構リフレッシュしたりします。まとめて買うから、「よっしゃ買ったぜ」って気分になるからでしょうか。

ただ、それでも落ち着かない、どんどん買ってしまう場合は、他にストレスの原因がある場合がありますので、そちらを解決した方が良いかもしれません。

おわりに

買うものの計画を立てるようになってから「欲しい物」の質は変わったと感じます。以前は「安い」を重視していましたが現在は「使い心地が良くて、長く愛用できるもの」「本当に大切に出来るもの」に変わっていきました。「安物買いの銭失い」がなくなりました。

必要なものを必要なだけ。本当に欲しい物や大切な物で囲まれ、楽しく生きていきたいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました