調味料を減らすと台所がスッキリし、料理もおいしくいただける

片付け

こんにちは、スッキリした台所に憧れている彩桜です。

そろそろ大掃除の時期になりますが、みなさんは台所はスッキリしているでしょうか?

うちでは現在大掃除は殆どしないのですが、(普段の掃除で適度に満足しているので)以前は台所の大掃除で、「冷蔵庫の中や調味料を片付ける」ということをしていました。結構手間ではないでしょうか?

冷蔵庫や台所がゴチャゴチャするという時は、「調味料が多すぎる」のかもしれません。

うちではミニマリストに興味がない夫も調理をするので、台所は物が多めですが、最近少しずつスッキリしてきました。ひとつは、調味料の種類や量を減らしたことが、大きいかもしれません。

  • 台所がゴチャついている
  • 台所の大掃除がめんどくさい
  • 冷蔵庫の物が常にあふれている。中の物が取り出しにくい。

というひとにオススメしたい、調味料を増やすときのルールについて書いてみたいと思います。

調味料をリストアップする

和食の調味料の王道「さしすせそ」

和食は基本的に5種類の調味料が基本だったりしますね。

つまり、これさえあれば和食は作れるということです。

  • さ→砂糖
  • し→塩
  • す→酢
  • せ→醤油
  • そ→味噌
たまご
たまご

せ、の醤油って無理やり過ぎん?

うちでは、あまり酢は使わないので買わないのですが、夏場に酢の物を作ったら美味しくて、夫にも好評でした。歳とともに好みが変わるのかしら。どちらかというと、ポン酢の頻度が高めです。

その他の定番調味料

  • 塩コショウ、コショウ
  • 追いがつおつゆ、ポン酢、さしみ醤油
  • 胡麻ドレッシング
  • 焼き肉のたれ、餃子のたれ、ステーキのたれ
  • マヨネーズ、ケチャップ、ウスターソース、お好みソース
  • スイートチリソース(これは、ない時もあり)
  • わさび、しょうが、和からし、ニンニク

あたりが常にあります。

つくし
つくし

俺、わさびは嫌いだ。くさい。

調味料を増やすデメリットを考える

いろんな種類の調味料を買ってしまうと、使い切れなくて腐ったりしませんか?うちも前は結構あったので、ちょっと勿体ないなあと思っていました。独身のときは、しょっちゅう料理するわけでもないのに「安いから」と大きい調味料買ったりしていました。開封すると風味が落ちていくので、期限が切れていなくても「あれ?なんか風味がとんでる」なんてことも。(わさびとか、あるよね)

とはいえ、色々な味を試したい場合、調味料は必ず増えると思います。夫は色々な味を試したいそうです。(夫の調味料は基本的にノータッチです)

使い切ってから次を試す

確かに同じ味は飽きるのかもしれません。しかし、どんどん増やすと、食べきれず勿体ないことにもなるので、ある程度のルールは必要だと思います。とりあえず我が家の基本ルールは使い切ってから次を買うということです。

同じカテゴリーの調味料は二種類程度にしています。例えばドレッシングなら胡麻ドレッシングと玉ねぎドレッシング。どちらか使い切るまでは新しいドレッシングは使えません。サラダだと、気分によってポン酢とかチリソースなども使えますけどね。

「使い切ってからルール」を導入すると

「別に、凄く食べたいわけじゃないなあ」
「おいしいから、使い切れるわ」

など、選択しやすくなりますし、買ったことを忘れて「賞味期限切れで捨てる」などが、なくなります。

おわりに

「美味しい量」と「使い切れる」って、繋がってると思います。使い切れる量を置くことで、キッチンの調味スペースもごちゃつかなくなりますし、ゴチャつかないと、料理がしやすくなります。

美味しいものを食べたい。だからこそ、調味料の種類や量を見直してみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました