捨てられない!を解決するには?

片付け

こんにちは、彩桜です。

みなさんは片付けをするとき、物を捨てることに抵抗がありますか?

私は「ゆるミニマリスト」と言いながら、ちょっと抵抗があります。

「捨てる」ことが苦手だと「捨てて大丈夫?」「勿体なくない?」と考えちゃいますよね。

今回は、捨てて後悔しないために考えておくことや、私が実際に後悔したものなどを書いてみたいと思います。

  • 勿体なくて捨てられない
  • 後悔しそうで捨てられない

という方に。

スポンサーリンク

捨てるのは勿体ない?

たくさん捨てるのは、勿体ないと思いますか?

私も、「どんどん捨てて、また買えば良いや」というのは、勿体ないと思いますが、使用しないのに押し入れの奥にしまっているのも、勿体ないと思います。だって、使用しないんだから。

私は若い頃、汚部屋住人でした。

押し入れに入れっぱなしで、久しぶりに出してきたものって、カビが生えてたり、朽ちていたり、ホコリ臭くなっていたりして使えないことが多いです。

結局は勿体ないことになったりします。

物を卒業させてあげるのも優しさです。そして、次は買わないこと。必要になって買ったとしても、放ったらかしにしないこと。

今までありがとう。そんな気持ちで送り出せれば良いと思います。

本当に大切な物って、実は意識せず大事に扱っているのではないでしょうか。置き場所をつくってあげて、時々でも触れていると思います。

捨てて後悔しないために考える

とはいっても、捨てて後悔してしまうかもと、悩んでしまうこともあると思います。そんな時は、どうして片付けたいと思ったか思い出してみましょう。

片付けたい理由は?

  • なくしものが多い。
  • ゴチャゴチャが気になる。
  • 掃除が大変だ。
  • 他人を呼べない。

本当は、生活に満足していれば、捨てる必要なんてないんですよね。

ただ、「捨てたい」「家を綺麗にしたい」と少しでも思っているなら、何かしら散らかることにストレスがあるはずなのです。

父は俗にいう「汚部屋」で生活していましたが、散らかっていても特に気にならないそうです。散らかっていても楽しく生活している人は居ますし、「自分に合った物の量」というのは、人それぞれ違います。

捨てることばかりを意識しすぎて、何でもかんでも捨てないようにしましょう。

「どんな生活をしたいか」を考えておくことは大事だと思います。

実際捨てて後悔したもの

実は、手放して後悔したものって、殆どないのです。あえて言うなら…をあげてみました。

趣味の物

以前ビーズアクセサリーを作るのに挑戦していました。その時工具を持っていたのですが、飽きてしまい、手放しました。

けれど、その半年後にUVレジンで手作り小物を作るのにハマり、必要に。

とりあえず100均で工具を買ったのですが、刃の質があまり良くないのか、切り口が汚かったり、切りづらくて結局買い直しました。(3000円くらい)

今は手作りをやめたのですが、夫が時々使うので共用のものとして置いています。手作りが好きなので、今後また使うかもしれません。趣味の物を捨てるときは、買い直せるかどうかなども考えて手放すのが良いと思います。

タオルと服の枚数を減らしすぎた

タオルや下着、冬服の枚数を減らしすぎました。

タオルは乾燥機で乾燥しているのでどうにかなるのですが、洗濯をする頻度によっては、減らしすぎると困ることもあります。夏場はすぐ乾きますが、梅雨や冬は乾かないこともあります。数が少なければ少ないほど良いというわけではないですね。

「貸して」と言われる物

数年に一度くらいですが、夫に「持っていた物を貸して欲しい」と頼まれることがあります。捨てたというと、「すぐ捨てる」と言われますが、なくてもどうにかなったことが多いです。他で借りたり、違うもので代用したり。使用頻度の少ない物は、なくても何とかなることがほとんどです。

思い出の物、レア物は慎重に

後悔するかもしれないので、慎重になった方が良い物は、次の3つです。

  • 思い出の物
  • 趣味のもの
  • レアなもの、手に入りにくいもの

思い出の物や手に入らないものは後悔したとき、買い直せません。すぐに捨てない方が良いでしょう。

確実に後悔しないと思ったときが手放し時だと思います。

私は好きなアーティストが居るのですが、その人のCDやDVD、GOODSは今のところ手放さないと決めています。「置いとけばよかったなぁ」と思っても手に入らないものもあるので。もう一度手に入りそうなものに関しては時折整理しています。

他人の物は捨ててはいけない

ときどき、家族の物を勝手に捨てる人がいるらしいですが(ミニマリストに限らず)家族の物は勝手に捨てない方が良いと思います。

生ごみ等は別として、物には持ち主の想いが詰まっています。自分が不要と思っていても、人からしたら大切な物の時もあるのです。家族と言えども他人、親しき中にも礼儀ありです。

実は私、過去にしてしまっていました。父と住んでいる時、捨てていました。

父は物に無頓着なので怒ったりはしませんでした。私も「絶対捨てたらいけない」と言われるもの(大工道具とか)は捨てたことはないのですが、いくら親といえ、勝手に捨てて悪かったなあ。と思っています。

家族の物が気になる場合
  • 共用の部屋など、物の管理についてルールを決める
  • 自分の価値観を普段から伝えておく、相手の価値観も聞いてみる

もし人の物を捨てる場合は、キチンと本人に確認してから捨てましょう。

捨てて後悔しないのは、自分のものだからです。他人に捨てられたら、一生後悔するかもしれません。私も他人に捨てられたら、後々も覚えていそうです。

まとめ

「自分が捨てると決めた」物なは、それほど後悔するっことは、ないのではないでしょうか。「あー捨てたな、しまった」と思っても、時間が経てば忘れそうです。大事なのは「自分で決める」ことなのかもしれません。

私が失って一生後悔するものは、猫と家族や友達。物だったら、貴重品(結婚指輪なども)や、つくし(愛猫)の遺骨です。他の物は、少しぐらい後悔することはあっても、いつか忘れるんじゃないかと思います。

「執着心だけで物を捨てれない」という人は、本当に大切なのか、使っているのか、これからどんな生活をしたいのか、を基準に物を手放すと良いかもしれません。

コメント