「片付けストレス」を溜めないために出来ること

片付け
PexelsのLiza Summerによる写真

こんにちは。ゆるっとミニマル生活をしている彩桜です。

みなさんは、片付けをしていて焦ること、ありますか?

ミニマルライフを取り入れて楽に生きていこうと思っていたのに、逆にストレスがたまるという、本末転倒なことになってしまったという人もいるかもしれません。

  • 「物を少なくしなきゃ」と焦ってしまう。
  • なんだか片付けが楽しくなくなった。

という人に、読んで貰えたらと思います。

スポンサーリンク

「片付けストレス」にならないように

  • 片付けする目的を明確にしておく。
  • 出来そうな目標を設定する。
  • つらかったら、やめればいい。

片付けは楽に過ごす手段であって目的ではない

自分にとって片付けする目的を明確にしておく ことが大切です。

あなたが片付けようと思った目的は何ですか?

目的の例
  • 家事に追われず楽して過ごしたい
  • やりたいことに集中したい
  • 選択肢を減らしたい
  • 節約したい

色々あると思いますが本来はそちらが目的で、片付けは、その目的のための手段のひとつです。それが「ミニマリストだから」とか「片付けしなきゃ楽になれない」と目的や、仕方なく行うものにすり替わってしまうと、しんどくなってしまいます。

出来そうな目標を設定する

どんな部屋で暮らしたいか、考えておくことも良いと思います。実は、ある程度物が減り、すべての物の定位置が決まれば、頑張らなくても部屋は片付くようになります。だってそこに戻せば良いだけですから。物が多い人は、とりあえず「物の定位置を決めるところまで」など、出来そうな目標を設定して頑張ってみるのも良いかもしれません。汚部屋の場合は「ゴミをすべて捨てる」などでしょうか。うちの弟の場合は、「空のペットボトルを捨てる」かもしれません(笑)

つらかったら、やめればいいと気楽に考える

片付けは、別にいつでも止めて良いと思います。うちの家族は片付けに興味がないですが、それなりに楽しく生活しています。気負わなくて良いのです。汚部屋だった人は、「片付けてみよう」と思った心境の変化が大事なんじゃないかと思います。「変わりたい」と思ったということですから。

ストレスになったら、やめてみる

私は一時期ミニマル生活をやめました。日常の片付けはしますが、大きく物を捨てていくということは中断しました。理由は、愛猫つくしが永眠したからです。いろんなものに、つくしとの思い出があって捨てられないものが多かったのです。

心の整理が必要だったのだと思います。

ミニマリストは「今後、使わないものは捨てる」という人が多いです。私はそのことに対して若干の固定観念が出来ていました。「捨てられないジレンマ」のようなものがあったのです。

というわけで、いっそのこと「捨てない」ことにしました。

そうしているうちに「ミニマリストって、別に物を捨てるだけじゃないんだった」と、自分がミニマルライフをしている目的を思い出しました。

現在は、去年亡くなった愛猫、つくしの物で「これは、今は置いておく」というものは迷いなく置いています。私の心にとって大切な物だからです。

休んだから気付くこともあると思います。

他の楽しいことをする

片付けにストレスがたまるということは、「片付けに飽きてきた」ということもあると思います。リフレッシュするために違うことをするのも良いかもしれません。私はこのブログをはじめました。

まとめ

片付けしなくたって、ミニマリストにならなくたって楽しく生活している人はたくさんいます。片付けをしたいと思ったということは、「散らかっているのが嫌だ」と思ったはずです。そんな人は、いつか片付けられます。だから別に、しんどくなったら休んだっていいのです。

それは、片付けだけじゃなく他の事にも言えることだと思います。

自分で決めた何かに、無理していませんか?

それは楽しいですか?

コメント