田舎暮らし 田植えを手伝ってみた

田舎暮らし

こんにちは。彩桜です。

みなさんは、ご飯は好きですか?

私は、夫の実家が農家ということもあって、ここ数年田植えの「お手伝い」をしています。

今回は、田植えについて書いてみたいと思います。

  • 現代の田植えって?
  • 苗の重さは?
  • 何人くらいで行ってるの?
スポンサーリンク

稲が出来るまで

まず、稲が出来るまでの工程をザックリ。授業で習いますよね(私は、すっかり忘れた)

  • 育苗
  • 田んぼに水をはる
  • しろかき(代搔き)
  • 苗を植える
  • 育つまで、雑草や水の管理

育苗

苗をトレーで育てます。近年は、まとめて購入する場合が多いです。まとめてJA等が管理して栽培する方が、個人個人で作るよりは効率的かもしれません。

代掻き

田んぼに水を入れ、土を砕いて均一に平らにする作業です。土づくり、大事ですね。実は私、見たことがないです。トラクタで行うので、「そんなに人手は要らない」のだそう。

苗を植える

私が手伝うのは、苗を植えるとき。

田植えの機械には

  • 苗のせ台
  • 除草剤、殺虫剤、肥料を入れる箱
  • 予備で苗箱を置く台(6枚ぐらい置けます)

が付いています。

肥料や除草剤は、箱が別々に付いており、田植え中、機械が自動で均等に撒いてくれます。

苗や肥料は結構すぐ無くなってしまうため、適宜補充します。

作業を効率的にするために大事なのが、苗や肥料を渡す人です。

一人ですると「田植え機から降りて、苗を補充する」という超大変な作業になります。

さくら
さくら

やってる人目撃した。途方もない。

予備の苗を置く所があるとはいえ、田んぼの真ん中で苗が無くなったら大変です。運転中は、苗置き台や肥料箱にも背を向けていため、とても見づらそうなのです。

「無くなりそうだから、補充しなきゃ」と合図できる人がいると安心です。

苗や肥料の重さ、何人いると良い?

苗は1枚6㎏程度、肥料は一袋20㎏です。

私は肥料を担げないので、夫担当でした。(バケツに分けて入れて、渡している人もいました。それなら女性でも出来そうですが、時間はかかります。)

田んぼの規模にもよりますが、運転手、苗などを運ぶ人2人、合計3人居ると円滑です。

育苗は、JAなどで栽培しているものを買う

苗から育てている方も居ますが、多くは、JA等から購入している様です。

苗1枚は品種にもよりますが、600~1000円くらい。(まとめて買ったら安くなるとかあるのかな?)

豊作か否かにもよりますが、大体、苗一枚で1俵(30㎏)収穫できるそうです。

用意しておくべきもの

  • 作業着、帽子
  • 飲み物
  • 日焼け止め

服は泥がつくので、作業用に着替えます。

大切なのは日焼け止め。田んぼの水の照り返しで、結構焼けます。手に泥がつくので、そんなにしょっちゅう塗り直せません。

色々試しましたが、アネッサがオススメ。


ちなみに、今回耳に塗るのを忘れて日焼けし、痛いです。

後継者問題

体力勝負ですので、「歳をとって出来なくなった」と田んぼを手放す人も多いようです。

私は40歳ですが、私の世代の人たちは、農家を継ぐより働きに出る人が多いと思います。働きながら農業って、簡単ではないですよね。

農業好きか、めっちゃ体力あるかどっちか。

「米作だけで食べている」という人は少数ではないでしょうか。田舎の兼業農家は、どんどん減っていくのが現状なのかもしれません。

まあ、「来年から、手植えな?」とか言われたら、多分みんな辞めるだろうな。

つくし
つくし

そりゃ、過酷だ

おわりに

普段何気なく食べている、ごはん。

少しだけ、作っている人に思いを馳せてみてはいかがでしょうか?

コメント