ゆるミニマリスト 靴を減らす

持ち物

こんにちは彩桜です。

みなさんは、靴を沢山持っていますか?沢山履いていますか?

いろんな靴を買いすぎて眠っている…なんて人も、多いかもしれません。

今回は、靴の整理や、靴選びについて書いてみたいと思います。

  • 靴を減らしたいけど、どれから捨てたらいい?
  • 他人の靴に興味がある

という方に。

スポンサーリンク

ゆるミニマリストの靴事情

私は、基本的に1~2足を履きつぶす感じになります。が、現在持っているのは5足です。もともと足に合うサイズがあまりなくて、靴選びは毎回悩んでいます。(ヒールで合うものは滅多にない)

  • フォーマルな靴
  • ラウンドトゥの靴
  • スニーカー
  • 下駄(浴衣用)
  • ウォーキング用スニーカー

フォーマル靴は、主にお葬式などに履いて行ってる物です。普段は使わないです。

ラウンドトゥ(つま先が丸い形)の靴は、スカートを履くときに使用していましたが、こちらも使用頻度が減りました。

最近は、「スカートにスニーカー」というスタイルも結構多く見かけるようになりました。一昔前は、ダサいなんて言う人も結構居たような気がします。

下駄は、夏に玄関先に出るときに履いたりします。結構古くなってきたので、手放し時かもしれません。

ウォーキング用は、メインのシューズが濡れたり、汚れて洗ったりしている時に使っています。夫とウォーキングするときに、普通のスニーカーで歩くと言ったら、「足を壊すからウォーキング用を買いなさい」と言われました。(ウォーキング殆ど行かなくなったけど)

靴を減らすメリットデメリット

メリット

  • 一つの靴に手間とお金をかけることができる
  • 玄関がすっきりする

一つの靴に手間とお金をかけることができる

滅多に靴を買わないということは、一つにかける靴の値段を上げれるということ。ちょっと高い靴を買えますね。(とはいえ、私は高価な靴を履いて歩くのは好きではないので、安い靴を履きつぶしていますが)

ブラシで磨いたり等、靴の手入れも少なくて良いので、楽になります。

玄関がすっきりする

このメリットは大きかったです。靴箱を拭いたり掃除したりするのが、格段に楽になりました。

デメリット

  • 消耗が激しい

消耗は激しいと思います。私は基本、車移動なので、一年に一回変える程度ですが、沢山歩く人はもう少し買い替えのサイクルが早くなると思います。

靴を減らすコツ

  • 用途やジャンル別に絞る。
  • 持っている服装に合う色を残す

用途別に一足ずつにする。

例えば、フォーマルな時、遊びに出かける時、仕事の時など、行く場所に応じて1足ずつにしてみたり、「お買い物と遊びは兼用で」など、用途別に絞るのが良いかもしれません。

フォーマル、スニーカー、サンダル、ブーツ、パンプスなど、ジャンル別に1つずつにするという手もありですね。

持っている服装に合う色を残す

自分が持っている服に、どれでも合わせれそうな色を選んでいます。黒か白が多いですね。

まとめ

靴を減らすと、一つの靴に手間やお金をかけることができます。以前はブラシで磨くとか面倒でしたが、数を減らすと手入れが楽になるので、時短にも最適です。

靴って、履いていないとカビが生えたり劣化してしまうので、この機会に靴の量を見直してみてはいかがでしょうか?

コメント