奥歯、全部抜く?猫の全臼歯抜歯

猫との暮らし

こんにちは。彩桜です。

2022年4月25日、たまご(14歳)が全臼歯抜歯をしました。

高齢のため、凄く凄く悩みました。

歯肉炎が酷く、かなり痛そうで、食事を食べる量が減っていました。

最初はステロイドや抗生剤注射で対症療法していましたが、効果があまり無く、痛みが強そうだったため、手術に踏み切りました。

今回は、その手術の経過などについて書いてみようと思います。

  • 歯肉炎が酷く痛がって食べない!
  • ステロイドや抗生剤が利かない!
  • 抜歯手術ってどうなの?

という方に。

スポンサーリンク

全臼歯抜歯とは

全臼歯と呼ばれる奥の歯を全て抜きます。

え!?全部?と思われる方も多いと思いますが、歯に付着した菌が悪さをしているので、歯を全て抜かなければ、一か所抜いたところで、また違う歯が口内炎を起こすことが多いのです。

猫の抜歯は全身麻酔なので、何度も手術するよりは、一回で抜いてしまった方が猫にとっても楽なのです。

たまごの場合は、もう抜けてしまってる歯もあったのですが、残っている歯も根元が腐っていたりしました。

手術の流れ

手術の予約

予約が取れたのは、1か月後くらい。

病院にもよりますが、電話で予約し、術前の食事について説明を受けました。

手術の前日と当日

絶食は守らないと、手術中に吐いて、詰まってしまうこともあるので必ずチェック!!(手術を受ける動物病院に確認)

  • 夜中0:00~絶食
  • 当日朝9:00までは水は飲んでよい

術前の血液検査

受付して、最初に検査します。

腎臓や心臓が悪いと、麻酔に耐えれず亡くなってしまうこともあるので、術前の検査は大事です。

祈るように検査を終え、結果は問題なし。予定通り午後から手術になりました。

そのまま日帰り入院です。


手術

手術が始まるのは午後からでした。

とにかく、私達夫婦はソワソワソワソワしておりました。

たまごが居ない家が寂しくてしょうがなかった。時間が経つのが本当に遅くて。夫と「まだかなあ」と言い合って過ごしました。

お迎え

16:00~迎えに行きました。

抜いた歯を見せていただき(貰ってきた)説明した貰いました。

犬歯は膿がひどく、根っこも腐っていたため、抜く予定では無かったけど「抜いて膿を出しました」とのこと。きっと、それが一番痛かったのでしょう。

他の犬歯は抜け落ちているので、今回はそのまま様子みるとのことです。

痛み止め、吐き気止め、抗生剤を点滴してくれていたので、服薬などはありませんでした。

痛そうなら間で痛み止めを打つということで治るまでは、経過観察です。溶ける糸を使ったので、抜糸も必要ありません。

たまごは、迎えの直後はボーっとしていました。

鳴いたり少し歩いたりしていましたが(階段も自分で上れてた)ほとんど布団の上で寝ていました。

麻酔が完全に切れてなかったみたいです。

そして、疲れてたようでした。当たり前ですよね。いきなり病院で手術されるんだから。

19時過ぎまでは飲食なし。その後、少しずつ開始します。

次の日は普通に食べてOK

たまごは、21時ごろ「おなかすいた」と自分で寄ってきたので、少しウェットフードを食べました。食後の痛みは、なさそうでした。

次の日以降

術前より、よく食べる。そして、食べたあと、グルーミングしながら時々固まっていました。

たまご
たまご

あれ…?俺の歯は?

って思ってたに違いない。いきなり歯が全部なくなったら、びっくりしますよね。

一週間してから、少し痛そうだったので連れて行きました。

犬歯の処置したところから、少し出血。ちょっと治りは遅そうです。「だいたい2週間もすると治ることが多いので、様子を見ていきましょう」という感じでした。

●痛み止めの注射:術後10日目に一回

現在14日経過、やはり犬歯のところが痛そうです。もう少しかかるかもしれません。

とにかく治って、美味しくご飯食べれるようになることを祈っています。

手術にかかった費用

  • 手術料/53000円
  • 血液検査/4770円
  • 抗生剤/3300円

合計61070円

保険(50%)に適用で30535円でした。

おわりに

もっと早く、しっかり予防していれば、たまごも辛い思いをしなかったのかも?

と思うと、後悔しています。

小さな頃から、歯周病予防をすることで、高齢になっても美味しく食べれるなら、歯磨きなど、試してみると良いと思います。

それでも、手術前より日に日に活動的になっている、たまごを見ると、手術して良かったのかなと思います。

コメント