意外と多い、猫に危険な植物!家に花を飾るには?

猫との暮らし

こんにちは、彩桜です!

猫ちゃんと暮らしている人は、花を飾る時どうしていますか?

人間には「綺麗」な花でも、動物にとっては危険なものがたくさんあります。
うっかり食べてしまって、中毒を起こした、、、なんてことになったら、とても悲しいです。

たまつくの場合は、食べてはいけないものはキチンと分かっているようでした。たまごは花に興味が無いようですが、つくしは植物の匂いは必ずかぎに行っていました。

つくし
つくし

猫草とかじゃないと、食べないけどね。

姉の家に住んでいるショウは、ネギを食べようとしたことがあるので、やはり注意は必要です。

たまご
たまご

え・・・?猫草と間違えたのか・・・?

つくし
つくし

匂いが違うじゃん。結構おバカだなあ?

今回は

  • 猫にはどんな花(植物)が危険なの?
  • 猫が家にいるけど、お花のある生活もしたい!

そんな方に。

スポンサーリンク

猫にとって危険な植物って?

猫に絶対NG!

  • 玉ねぎ、ネギ、ニラ

私達が日常的に食べているものです。

「有機チオ硫酸化合物」や「アリルプロピルジスルファイド」という、全く馴染みのない成分が原因です。赤血球を壊して、貧血になります。

ごく少量食べた程度では何ともない子もいますが、症状が重く出る子もいますので、注意が必要です。数日後に症状が出てくるというケースもあるそうです。

たまごつくしのように、人間の食べ物を盗むのが好きな子は、特に気をつけないといけません。

猫に危険な植物の代表

  • ユリ科(ユリ、チューリップ、すずらん)
  • ナス科(ナス、ホオズキ、トマト)
  • ツツジ科
  • アヤメ科
  • アジサイ科
  • キキョウ科
  • キク科(キク、マーガレット、デージー)
  • キンポウゲ科(クリスマスローズ、クレマチス)
  • サクラソウ科(シクラメン)
  • スミレ科(パンジー)
  • トウダイグサ科(ポインセチア)
  • バラ科(アンズ、ウメ、桃、リンゴ)
  • 他多数(銀杏、アボカド、ざくろなど)


トマトやナスは、葉っぱや茎がダメだそうです。リンゴやアボカドは、未成熟の果実や種で痙攣呼吸困難になる場合も。

結構メジャーな花がダメで、驚く人もいるのではないでしょうか?

花は大丈夫でも、茎や葉っぱがダメという場合があるので、飾りたい花を調べてみるのが良いでしょう。お花屋さんで聞くと教えてくれたりもします。

観葉植物

  • ポトス
  • モンステラ

観葉植物を初めて育てるとき、「育てやすい」と言われるこの2つも注意です。私は外で植えていました(枯れたけど)

万が一食べてしまったら

植物を飾って、猫に異変があった場合は病院へ連れて行きます。

  • どんな症状か
  • 症状はいつからあるか
  • 食べてしまった植物は?量は?

症状は下痢、嘔吐、痙攣、呼吸困難などがあります。ちょっとでも、おかしいな?と思ったら、主治医に相談してください。

花のある生活がしたい

でも、花がない生活もさみしい!という人もいると思います。そんな時は

家の中ではなく、外に植える

私は基本的に外で楽しみます。結構枯らしてしまうのですが(花育てるの下手すぎ)

貰い物の鉢植えも少しだけ置いています。

ソープフラワーやハーバリウムを飾る

生の花でなくても造花や、ハーバリウムがあると、お部屋は華やかになりますね。

「ベルビーフルール」さんではハーバリウムや、石鹸のお花を販売しています。

安全な花を飾る

  • カモミール
  • ガーベラ
  • 胡蝶蘭
  • バラ(切り花)

おわりに

猫がいるけど、植物のある生活もしたい!という人は、猫に安全なものを、工夫して選んでみてくださいね。個人的には、ソープフラワーは、飾ってみたいと思いました。

色々工夫して、素敵な猫と植物のある生活を楽しんでください。

コメント