猫の保険はどうする?ペット保険に入ってわかったこと

猫との暮らし

こんにちは。彩桜です。

みなさんのお家の猫ちゃんは、ペット保険に入っていますか?

たまつく(愛猫)は、6歳ぐらの時に入りました。

今回はペット保険について、入ってみて実際どうなのかを、書いてみたいと思います。

  • 入った方が得?損?
  • メリット、デメリット
  • どんなものがあるの?

そんな疑問のある方に。

スポンサーリンク

ペット保険、入るのは損?得?

結論からいうと、「わかりません」

たまご
たまご

おい!

いえ、「損か得か」という論争でいうと、本当に解らないのです。

たまごとつくしが6歳で入ってから8年程は、病気もケガもほとんどなく、元気でした。ですので保険はまり使わなかったのです。というわけで、私は損をしていることになるかもしれません。

そう考えると入らなくて良くない?と思うかもしれません。

しかし、個人的には入っていて良かったと思っています。

ただ、メリット、デメリットを考えて選ぶということは必要だと思います。

ペット保険のメリットとデメリット

メリット

  • 高額の医療費の支払いに安心

動物には人間のような健康保険はありません。急な病気や手術を行う場合、100%自己負担になります。ケガや病気によっては、高額になる場合も。知り合いの猫ちゃんは、骨折して手術に35万円かかったそうです。

そこで、ペット保険に入っていれば、保険会社が入っている保険割合に応じて支払ってくれます。

現在は、人の健康保険と同じように病院で保険証を提示すれば、負担割合に応じて支払いできるようになってきました(以前は、いったん払っておいて、あとで申請して振り込まれるという会社も多かった)

高齢になると、体調不良も多くなり、病院へ行くことが増えます。急な出費に対応できるのは、魅力です。

デメリット

  • 全く保険を使わない場合でも、掛け捨てである。
  • 多頭飼いの場合、その頭数分かかる。

全く保険を使わなくて健康な場合でも、保険料はかかります。10匹いる場合は10倍になり、途方もない金額になります。

そもそも猫に使える貯金が沢山ある人は、実は入らなくて良いのです。どんな病気、ケガするか解らないので猫生のうちで、かかる金額はそれぞれ。

「ペットに、そんなにお金をかけれないよ」と思う人は、ペットを迎えるのをお勧めしませんが、「まとまった貯金があるし、できる」という人は、入らなくても良いでしょう。

私は、支払った分は自分の愛猫に使われなくても、保険に入っている他の動物たちに使われるので、「動物たちのために入っておこう」という風に考えています。

保険って、そういうことですしね。

ペット保険ってどんなものがあるの?

色々な保険がありますので、資料請求してみましょう。

私が決めるときにチェックしたことです。

どんなことをチェックする?
  • 終身契約か
  • 毎年保険料が変わるのか
  • 補償内容(50%、70%、100%で分かれてることが多い)
  • 入れる年齢

終身契約?

現在は終身契約が多いと思いますが、以前は終身ではなく、「15歳まで」と年齢制限があった保険もありました。歳をとってから病気をすることが多くなるので、終身に入っておいた方が良いかもしれません。「高齢で病気になった時、治療をどの程度まで行うか」にも、よるかもしれませんね。

毎年保険料が変わるのか

たまつくは、毎年保険料が上がっていく物に入っています。金額が変わらない物もあるので、保険内容をチェックして、検討してみてください。

補償内容

  • 年間の日数制限、回数制限
  • 補償対象外の病気を要チェック

私が入っている保険は50%保証です。保険会社が負担してくれる割合が大きい物ほど高くなります。

月に何回まで、年間何回まで、と決まってる会社もあります。保険の適用日数はチェックしましょう。また、保険対象外の病気がある可能性があります。現在通院している場合は、その病気に対する保険は支払われないことがほとんどです。また、口腔内の治療が対象外になる場合もありますので、対象の範囲は必ずチェックしましょう。

避妊去勢手術や、ワクチン、ノミダニ駆除は適用外がほとんどです。

保険に入れる年齢

7歳から8歳ぐらいまでが多いです。

最近はシニアの保険を出している会社もあります。金額も安く、変更しようかと悩みましたが、入院と手術の補償のみで、通院は対象ではありませんでした。

当時は健康だったのですが、結局通院が多くなったので、変えずで良かったと思います。「8歳以上で、もう普通の保険には入れない」という猫ちゃんは、万が一の手術やケガのために入っておくのも良いかも。

たまつくの治療費

かかった費用(保険適用前)で記載しています。負担割合は50%です。

つくし病院費用

つくしは、リンパ腫・肝リピドーシスになり、亡くなりました。

病名:リンパ腫、肝リピドーシス、膵炎
  • 皮下点滴・内服2500円×30回(75000円)
  • 入院・処置・血液検査・エコー(38800円)
  • 療養食(13500円)※保険適用外

たまごの手術費用

たまごは歯肉炎が酷くなり、抜歯しました。

食事もあまり食べれなくなり、注射なども効かなくなったので、手術にふみきりました。

病名:口内炎、歯肉炎
  • 日帰り手術:全臼歯抜歯(50,000円)

おわりに

保険は毎月かかるものですので、「勿体ない」と思いがちです。ただ、「お金がかかるから治療を受けられない」というのは、絶対避けたいですね。

いつでも、いくらでも入院・手術費用くらい払えます!どんとこい!というわけではない場合は、入っておくと安心だと思います。

コメント