さくら のすべての投稿

ミニマリストが捨てて後悔した物

こんにちは、彩桜です。

ミニマリストはあまり物を持たないことで有名ですが、幼いころからミニマリストだという人は、すごく少数派だと思います。

なので「沢山物を捨てた」人は多いのではないのでしょうか。

「捨てる」ことが苦手な人にとって

  • そんなに捨てて大丈夫?後悔するんじゃない?
  • すてたら不便じゃない?

と、思いますよね。

今回は、ゆるっとミニマリストが、捨てて後悔したものを書いていきたいと思います。

後悔したもの

  • 趣味で使っていた工具
  • タオルの枚数を減らしすぎた
  • 下着の枚数を減らしすぎた

以前ビーズアクセサリーを作るのに挑戦していました。その時工具を持っていたのですが、挫折し「もうしないだろうな」と思って捨てました。その半年後にUVレジンで手作り小物を作るのにハマり、必要に。とりあえず100均で工具を買ったのですが、刃の質があまり良くないのか切り口が汚かったり、切りづらかったりして、結局買い換えました。(3000円くらい)今は手作りををやめたのですが、夫が時々使うので、共用のものとして置いています。

タオルや下着の枚数は減らしすぎて後悔しました。タオルは乾燥機で乾燥しているのでどうにかなるのですが、時折「洗濯間に合わない、洗濯に追われている気がする」ことに気づき、数枚増やしました。私は洗濯物をずっとため込むのも嫌なのですが、ちょっとしかないのに、一回まわすのも勿体ない気がするのです。(貧乏性)

後悔するかもしれないもの

  • 思い出の物
  • 趣味のもの
  • レアなもの、手に入りにくいもの

思い出の物や手に入らないものは後悔しやすいので、すぐに捨てない方が良いかもしれません。私は中学と高校の卒業アルバムを捨てましたが後悔していません。後悔しそうな小学校と専門学校だけ置いています。

私は好きなアーティストが居るのですが、その人のCDやDVD、GOODSは今のところ手放さないと決めています。「置いとけばよかったなぁ」と思っても手に入らないものもあるので。また手に入りそうなものに関しては時折整理しています。

本当は、あまり後悔しない

後悔した物といっても、結局買い直せるものだったので、すごくつらかった記憶はありません。たまに夫に「使いたいから貸して」と言われ「捨てたからない」というと「すぐ捨てる」と言われる流れになりますが、自分の物を捨てただけだし、数年に一回使う程度のものなので結局無くてもどうにかなったことが多いです。

まとめ

本当に大切な物ってなんだろう?多分「失って一生後悔する」物なんて、意外と少ないのではないでしょうか。

私が失って一生後悔するものは猫と家族、友達。

物だったら、貴重品(結婚指輪なども)やつくしの遺骨です。

他の物は買い直せるし、一生後悔するかというと、いつか忘れるんじゃないかと思います。

「執着心だけで物を捨てれない」という方は本当に大切なのか?使っているのか?など、少しだけ物と向き合ってみてはいかがでしょうか。意外と本当に大切な物が見えてくるかもしれません。

U-NEXT
31日間の無料トライアル!
Abemaプライム
インターネットTV局
Ameba漫画
お世話になってます。
エンタメ