家電がない!昭和30年頃の田舎暮らし

田舎暮らし

こんにちは、彩桜です。

みなさんの家には、家電が沢山ありますか?

私は沢山持っていますが、家電が普及したのは、ここ60年くらいです。ふと、家電がなかった時代の生活はどうだったのだろう?と思いました。

時々、父(70歳)が家電が無かった頃の話をしてくれます。今回は、父の話に基づいて1960年ごろの田舎の生活を書いてみたいと思います。

  • 家電がない生活って?
  • 昭和の生活に興味がある

そんな方に。

※ちなみに父の幼少期の記憶を掘り返したので、数年の記憶違いはあると思います。

スポンサーリンク

冷蔵庫がない生活

冷蔵庫がないと、必然的に「食」のライフスタイルは変わってきそうですね。父が子供のころは、その日に買ったものは、当日に食べきることが多かったそうです。

近所に商店があり、そこには冷蔵庫があった様で、ジュースなどは買ってすぐ飲んでいたとか。

そんな父の食生活の一部は、こんな感じ。

  • 麦ごはん
  • ジュースなどは商店に買いに行き、すぐに飲む
  • 豆腐は豆腐屋さんにて必要な分のみ買う
  • たまごも一個ずつバラ売り
  • 野菜は庭で育てる。物々交換が多い
  • スイカは井戸で冷やす
  • アイスは露店で買う
  • 魚は釣って食べる(釣れる環境なら)
  • コロッケを買いに行くのが楽しみ
たまご
たまご

コロッケ!俺も食べたい。

ちなみに、上段に大きな氷をいれて、下段を冷やす「保冷庫」のような物はあったようです。電気で冷やすわけではないので、氷がとけたら冷えないですが。大きなクーラーボックスみたいな感じ?

洗濯機がない生活

洗濯は、洗濯板で手でしていました。洗濯機、最初は絞る用の機械があったのだそう。(電気ではなく、手動でぐるぐる回す)

  • バスタオルはない。乾きやすい手ぬぐいを使用
  • 肌に直接触れるもの以外、毎日洗わない
  • 外に洗濯を干す場所が広くある

タオル大好きな私としては、かなりつらいです。

でも、洗濯板でバスタオルを洗濯したら、水を吸収しすぎて絞れなさそうですね。洗濯機があるからバスタオルが普及してるのかも。

洗濯事情は、かなり厳しい気がします。コインランドリーとか、凄い技術ですよね。便利。

家電を購入したのは?金額は?

この辺りは、父の記憶が多少違うかもしれません。父の家は田舎で裕福では無かったようなので、普及は一般より遅かったのではないでしょうか。

冷蔵庫や洗濯機を購入したのは?
  1. 小学3年生(1959年頃)洗濯機が導入
  2. 小学校6年生(1962年頃)TV導入
  3. 中学校一年生(1963年頃)冷蔵庫が導入

当時の値段としては、冷蔵庫が1万5000円程。TVは5万円程。

当時の月収は平均30000円程度と言われています。(田舎なので、もっと低いのでは?と予想しますが。)つまり、TVは2か月分の給料がないと買えない。冷蔵庫は給料の半分必要。

入浴

今は「オール電化でお風呂も電気」という家も多いですね。(うちはプロパンだけどね)

お風呂はどうしていたのでしょう?

  • 山で薪を拾ってきて、沸かす。
  • 井戸から水をくんで運ぶ。

水道を引いたのは、父が18歳くらいの時だそう。家の前まで水道は整備されていたけど、「あとは各家庭で工事してね」という感じだったそうです。父が工事したとのこと。

昔の人は何でもするなあ。

さくら
さくら

そういえば、祖父母の家に遊びに行ったとき井戸あったなあ。

ポンプの井戸、かっこよかった。

「貰い風呂(風呂を借りに来ること)」もあったとか。

父の実家は、大きめのお風呂を設置したので、近所の人が入りに来ていたらしいです。自分ちに近所の人が風呂入りに来たら、今ならびっくりしますね。

つくし
つくし

俺は、風呂が嫌です。

近所付き合い、深そうですね。

「調味料借りに来るの普通」とか聞いて、不思議な気持ちになります。

エアコン

エアコンが一般家庭に普及したのも1990年以降です。私が中学生の時くらいですが、その頃は窓に取り付けるタイプのクーラーを使用していた記憶があります。

現在は熱中症も心配なのでエアコンは必要ですね。

あれ?そういえば、父の家エアコンないなあ。

まとめ

家電がないという生活はピンとこないです。ありがたい時代だなあ。便利で良かったなあと思います。

私が小さい頃、「食材をその日に食べ切る」という生活は、していたような気はします。(そのせいか冷蔵庫、めっちゃ小さかった)

当時、冷蔵庫がなくても、どうにか生活できる気候だったというのもありそうですね。

たった60年くらいで家電が一気に普及したのですね。技術の進歩はすごいです。これから、100年後、どうなってるのでしょうね。(私は生きていないけど)

コメント